新築は土地と建物を同時に購入するべし!我が家の土地に関する失敗談

新築は土地と建物を同時に購入するべし!

新築を建てるとき、土地と建物を別々に探してしまうと様々な問題が生じます。

 

すでに土地をお持ちの場合は、その土地に合うように間取りや位置を考える必要はありますが、これから土地と建物を探すという場合は、絶対に同時に話を進めた方が後悔のないマイホームに繋がります。

 

土地と建物を同時に購入するメリットを、私の失敗も踏まえた上でご紹介します。

 

土地と建物を同時に購入するメリット

 

新築を建てるとき、土地と建物は同時に購入した方が結果的に理想の住宅を手に入れることができます。

 

土地と建物を同時に購入するメリットは大きく5つあります。

 

1.期間が短く、手間がかからない

 

土地と建物を別々に探してしまうと、どうしても時間と手間がかかってしまいます。

 

私は自分で土地を探しましたが、素人が自力で探すとなると、かなりの労力が必要です。

 

不動産屋を何件も周り、ネットで様々な土地情報を調べ、雑誌を購入して希望の立地条件を探して…

 

 

そして、いいな!と思ったら、

  • 予算オーバー
  • 契約済み
  • 立地はよくても敷地面積が狭い

など、様々な問題が生じ、1年近く土地探しに時間を費やしてしまいました。汗

 

 

妻から、「業者にお願いした方がいいんじゃないの?」と半年くらい経った頃に言われましたが、「俺にはこだわりがあるんじゃい!」と意固地になってしまい、その後も結局いい条件の土地が見つからないまま時間だけが過ぎていきました。汗

 

友人は業者に依頼をしたため、1ヶ月ほどでいい条件の土地が見つかったそうです。

 

 

そして、我が家はというと、

  • 間取りが入らない
  • ご近所トラブル
  • 土地の価格が高い

と、問題の多い土地になってしまいました。汗

 

 

プロの意見やネットワークを最大限に生かすためにも、自力で土地を探すよりも専門業者に依頼をした方が、スピーディーかつ手間をかけずに土地を探すことができます。

 

2.費用と時間が抑えられる

 

自力で土地を探そうとすると、

  • 交通費がかかる
  • 時間が必要で、他のことができなくなる
  • 雑誌などの購入費用がかかる

など、様々な費用が発生し、副業を行う時間も割かれてしまいます。

 

そうなると家族サービスの時間なんて確保することの方が難しいです。

 

毎週、休みになると土地探しにでかける私を妻や子どもたちは

 

「パパ、頑張ってねー!」

 

と明るく見送ってくれたのは最初の1ヶ月だけ…

 

2ヶ月、3ヶ月経つと、

 

「また一緒にいれないのー?」

 

半年経つ頃には、

 

「今度の遊園地、パパどうせ来れないでしょ?いいよ、別に。」

 

と、完全にのけ者ではありませんか!怒

 

こういう家族の時間が取れないって、本当にいけませんね。汗

 

そして、交通費や雑誌の購入も初めはお小遣いをくれていたのですが、

 

「積立もあるし、これ以上は出せないから、自分で払ってくれる?怒」

 

おいおいおーい!

 

「理想のマイホームを手に入れるためにやってんだぞ?」
「ちょっとでもいい条件の土地の方が、絶対いいでしょ?」

 

と強気に言えるわけもなく、「はい、わかりました。汗」と、

 

交際費、お酒を控えつつ土地探しを続けました。

 

不動産屋さんに言っても思うような条件に出会えず、時間だけが過ぎていき、少しずつ費用も重なるようになり、結局妥協して土地を決めてしまいました。汗

 

そして、間取りが入らないという問題が生じ、妻からの冷たい視線を受けることとなるのです…。

 

3.間取りにあった土地になりやすい

 

土地を妥協して決めた私は、そこから工務店に間取りの希望を伝えました。

 

工務店の作る間取りは素晴らしかった。

 

私たち家族の希望をすべて間取りに反映させてくれたのです。

 

 

そして、ここで問題が生じました。

  • 予算オーバー
  • 土地に間取りが入らない

です。汗

 

 

予算オーバーのために間取りを削る必要があり、入りきらない間取りのどこを削るかを考えなければならなくなったのです。

 

 

結局、予算を増やしたり、親に出してもらったり、廊下や収納を削ることでなんとかなりましたが、

  • 親に申し訳ないことをした罪悪感
  • 廊下や収納を削り、快適性が損なわれた

ことで、なんとも言えない気持ちになりました。汗

 

 

建ぺい率や容積率という基礎的な知識もなかったために起きてしまった問題でもあります。

 

友人は同時に探したので間取りが入る土地をすぐに見つけることができました。

 

やはり、間取りにあった土地探しを行うためには、土地と建物は同時に購入した方がよかったと強く感じた瞬間でもありました。

 

4.専門家の意見を初期段階で取り入れられる

 

土地と建物を同時に探さなかった私たち家族(完全に私のせいです。笑)に次々と起こる問題。

 

その1つに風水がありました。

 

土地を先に決めてしまい、その後に間取りを決めたのですが、削りに削って、なんとか形にした後に、風水が非常に悪いと専門家からアドバイスを受けました。汗

 

  • 玄関の向きがダメ
  • 吹き抜けはやめた方がいい
  • 水回りの位置が悪い

 

など、次から次へと、ダメ、ダメ、ダメ…。

 

 

心が折れますよ、マジで…。笑

 

この風水がダメと言われたとき、

 

「また1から間取りを考えないといけないのか…」

 

とかなりのショックを受けている私に、妻からの一言が、

 

「あなたは頑張って探してくれたけど、やっぱり最初から業者にお願いした方がよかったんじゃないの?」

 

という言葉。

 

本気で泣きそうになりました。汗

 

ただ、そうなると強いのが家族の絆ですね。

 

一緒になって考えてくれたり、希望を我慢してくれたり、妻が自ら風水師さんと話をしてくれたり、たまにグサッと一言キツイことを言われたり…笑

 

そんなこんなでなんとか形にすることができました。

 

気が付くと、土地を探し始めてから1年半近く経ってましたが…汗。

 

事前準備と同時進行。

 

この大切さを身に染みて感じました。

 

5.価格交渉が可能

 

土地と建物を同時に購入すると、価格交渉がしやすくなると聞きました。

 

これは私は全く知らなかったことなのですが、建物だけで価格交渉をすると、

 

・素材のグレードを下げる
→環境に悪かったり、快適性が損なわれる
・人件費が削られる
→腕のいい職人さんを使えないため、仕上がりが悪くなる
・粗悪工事や手抜き工事に繋がることも

 

といった問題が生じてしまうそうです。

 

加えて、下げるにも限界があるため、なかなかうまく交渉が進まないのです。

 

そこでポイントになるのが、土地です。

 

土地は業者が「このくらいなら売れるだろう」という予測の下、価格設定が行われているため、価格交渉の際に「建物からではなく土地の価格から値引きができる」のです。

 

知りたかった!土地探しをする前に、この情報は知りたかった!!

 

妻に言うと怒らせそうなので、私はこの情報を墓場まで持っていきます!笑

 

その際、他業者との比較をしていると、その情報や価格設定、間取りも踏まえて交渉でき、有利に話を進めることができるのです。

 

 

その結果、

  • 設備のグレードを無償でアップ
  • 設備を無料でプレゼント
  • その上で、全体の価格をダウン

という結果を勝ち取ったのが、私の友人です。汗

 

 

やはり、1つの業者に最初から絞りこむのではなく、複数業者の比較をきちんとして、慎重に選ばないとダメですね。

 

私と友人との違いを考えると、本当に値段以上に高い買い物だったと後悔しています。汗

 

業者比較は慎重に!メーカーによって価格もサービスも違う!

 

いい住宅を建てるためには、いい業者を選ぶことが必須です。

 

これは声を大にして言いたいことです!!

 

新築の出来は業者でほぼ決まります!

 

慎重に業者を選ぶようにしてください!

 

 

ここまで強く伝えているのも、

  • 私:地元の有名工務店に依頼。他社比較なし
  • 友人:10社以上の業者から厳選。他社比較で交渉も行う

という業者選びをした結果、同じ予算なのに友人宅の方が、

  • 快適性が高い
  • 間取りに希望が取り込まれている
  • オプションサービスも充実
  • 光熱費が安い
  • ご近所トラブルもない
  • 理想に近い間取りが実現

と明らかに差が生まれているのです。

 

 

これはどの業者でも同じなのではなく、業者ごとに

 

・建築費用
→採用している独自工法や使用素材の差など
・オプションサービス
→保証内容など
・坪単価
→抱えている職人差によっても変わる

 

など、様々な違いがあるからです。

 

 

一般的なイメージで、

  • 工務店=安く、希望通りの間取りにしてくれる
  • ハウスメーカー=高く、間取りの自由度が低い

だけにとらわれてしまうと、大失敗の新築住宅となってしまいます。

 

 

もちろん、大枠で見てそういう傾向があることは間違いありません。

 

しかし、私と友人の家の出来栄えを見ると、疑問に思います。

 

 

工務店といえど、

  • 柔軟性がない
  • 希望を取り入れるだけ

では、いくら安くとも高い買い物になりますし、

 

 

ハウスメーカーでも、

  • 高品質
  • サービスが充実
  • ネットワークにより好条件を見つけてくれる

となれば、同じ予算でも安い買い物と言えます。

 

 

大切なのは、「いい業者」かどうかです。

 

業者が違えば、出来上がる家の形は大きく違います。

 

 

自分の理想を叶えてくれるだけでなく、

 

・予算に柔軟に対応してくれる
・担当者がいい人
→設備のグレードアップ、プレゼント、周辺調査を行ってくれる場合も
・信頼できる

 

ことが、同じ3000万円の住宅であっても、高いと感じるか、安いと感じるかの分かれ道となるのです。

 

 

業者比較は、必ず行った方がいいです。

 

慎重に業者を比較することで、信頼できる業者かどうかを見抜くようにしましょう。

 

とはいっても、1件1件の業者をしらみつぶしに回ることはあまりおすすめできません。

 

やはり、どの業者も担当者がつき、契約をさせるためにいいことばかりをいう傾向にあるので。

 

(これが1つの理由で私は回りませんでした)

 

 

友人が利用した業者比較サービスであれば、面倒な業者周りの必要がなく、

  • 10社以上の業者を比較できる
  • 希望を簡単に入力するだけで間取り図が手に入り、比較ができる
  • 予算に応じた資金計画書が作成してもらえる
  • 土地も探してくれる

と、3分の入力で豊富な情報を入手することができます。

 

 

その中で、

  • 間取りが理想的
  • 資金計画がとてもいい
  • 土地が非常にいい条件

などのいい部分と、

  • 価格が高い
  • 希望を盛り込んでくれていない
  • 土地の条件が悪い

などの悪い部分の情報を集めて、よさそうな業者に交渉を行う。

 

 

そして、柔軟な業者に依頼を行うといった「いい新築を建てるための流れ」が業者比較から始まるのです。

 

時間もかからず、自宅で手軽に比較ができる業者比較サービスは、新築を建てるなら絶対に活用した方がいいサービスです。

 

 

⇒業者の一括比較サービスを見てみる

 

 

私がこのサービスを知ってることは妻には内緒です!

 

バレてしまったら…恐

 

風水はあとから決められない!間取りを想定してから土地を探そう!

 

土地だけを先に決めてしまうと、難しくなるのは間取りの風水です。

 

立地条件上、どうしてもこの間取りでなければならないとなっても、「風水が悪いから変更した方がいい」なんて言われたら唖然としてしまいますよね。

 

と、いうか、言われたんですけどね!怒

 

正直、どこをどう修正すればいいのか全く分かりませんでした…。

 

吹き抜けは欠けにあたるから…

 

鬼門がどうこう…

 

八殺黄泉に水場が…

 

とか言われても、私の頭の上に???が増えていくだけでした。汗

 

そして、間取りを変更すると、

 

今度は正中線がよくないですねぇ…

 

そして、再び間取りを変更すると、

 

裏鬼門がちょっとギリギリに…

 

と、土地と間取りが決まったはずなのにまさかの変更ラッシュ!笑

 

たぶん、工務店の担当者のイラッとしてたでしょうね。汗

 

でも、風水は欠かすことができないものですから、最低限は条件として整えておかないとということで、協力いただきました。

 

さて、この風水の問題。

 

誰が悪かったかわかりますか?

 

そうです!!私です!汗

 

私が何も考えていなかったからではなく、私の探した「土地」が問題だったのです。

 

立地が絶妙に悪く、家を建てる向きが悪かったのです。

 

 

家の方向を変えてしまうと、

  • 日当たりが悪い
  • 道路に出るまで距離ができる=無駄なスペースができる
  • 間取りが悪くなる(リビングや寝室の真裏が人通りが多い)

など、様々な問題が生じてしまうのです。

 

 

友人に、「風水ってどうした?」と聞いたら、

 

「それは土地や間取りが決まってから考えてちゃ変更が大変だから、

 

土地に合わせて風水を考えながら間取りは決めないといけなくて大変だったわー」

 

と…。

 

もう、さすが私の友達!大正解!笑

 

ホント、その通りなんですよ。

 

 

土地が決まっている場合、

  • 駐車場の位置
  • 玄関の位置

がほとんど決まってしまうので、そうなると、間取りの様々な部分が決まってしまいます。

 

 

いわば、型が出来てしまうんですね。

 

その型が風水にぴったりハマればいいんですが、

 

私のように絶妙に悪い方向にハマると、とんでもないことになるんです。汗

 

なので、風水という視点から見ても、土地と建物は同時に探した方がよいといえるのです。

 

間取りでケアしきれない日当たり、風通し、騒音にも注意!

 

土地の向きは風水に関わることはもちろん、生活環境にも関わります。

 

ホント、私の探した土地は向きが非常に悪かったです。汗

 

 

風水で何度も間取りを変更しなければならないことに加え、

  • 日当たりが悪い
  • 風通しも悪い
  • 隣の家の物音が聞こえる

と、大失敗の新築住宅になってしまいました。汗

 

 

そうはいっても、念願のマイホーム。

 

自分の家が手に入るんだから、すべてうまくいくことなんて…と思っていたら、同じ予算で同じような住宅を手に入れた友人と比べると…

 

毎日枕を濡らせられるくらいの差がそこにはあったのです…。涙

 

 

土地を自分で決め、その土地に建物を建てるために工務店に依頼をしたため、周辺環境の調査も甘かったのです。

  • 時間帯ごとによる日当たり
  • 風の吹く方向と窓のバランス
  • 隣の家の状況

を事前に調査しておけば、これらは防げたのですが…。

 

 

間取り図の作成を依頼したときに、

  • リビングは広くしたい
  • 広い庭をつけたい

など、あれもほしいこれもほしいと「間取り」のことだけを気にしていて、生活のしやすさに着目していなかったのです。汗

 

 

冬、起きるじゃないですか?

 

妻が言うんですよ。「なんか冷えるねー」って。

 

夏、リビングにいるじゃないですか?

 

妻が言うんですよ。「風通し悪いなぁ」って。

 

その度に私のハートにグサグサと矢が突き刺さるんです。汗

 

 

担当者の方がいい人で、

  • 周辺調査をしてくれる
  • この間取りだとこういう問題が出る

と、動いてくれたり、アドバイスをくれたりする方だったらまだ防げたとは思うんですが、そんな素晴らしい担当者にはなかなかめぐりあえないもの。

 

 

だからこそ、マイホーム購入を検討している段階で、しっかりと考えておかなければならなかったのです。

  • 日当たりってどうですか?
  • 風通しは大丈夫ですか?
  • 光熱費ってけっこうかかっちゃいますか?

の一言を、間取りを作成したときにきちんと土地と照らし合わせて聞いておけば、このような事態にはならなかったと思います。

 

 

土地と建物を同時に購入すれば、このような事態を未然に防ぐことができます。

  • 土地の状況を知れる
  • 土地にあった間取りを考えられる
  • 不備があった場合、土地に合わせて間取りを変えられる

というメリットがあります。

 

 

落ち着いて考えてみると、私は焦っていたんです。

 

土地探しに1年もかけてしまい、マイホーム購入がどんどん遅くなっていく。間取りの希望もある程度決まってて、いち早く家を建てたい!

 

そんな気持ちでいっぱいでした。

 

だからこそ、失敗してしまい、後悔の残るマイホームになってしまったのです。

 

時間を短くしつつ、焦らず落ち着いて考えられるようにするためにも、きちんと上手に業者に依頼をし、土地と建物を同時に考えていった方が、理想のマイホームに近づきます。

 

そのことを痛感しました。

 

フルオーダー住宅に起こる問題とは?

 

夢にまで見たマイホーム。

 

せっかくなら希望やこだわりをすべて詰め込んだ家にしたい。

 

そんな願いを叶えてくれるフルオーダー住宅ですが、なんといっても値段が高い!

 

これが私がフルオーダー住宅を諦めた1番の理由です。

 

建物だけの予算であればなんとかなったかもしれませんが、さすがに3000万円の予算で土地・建物の契約を行い、さらにフルオーダー住宅というのは無理でした。

 

それで泣く泣く、セミオーダーにしたんですが、今となってはセミオーダーでよかったと思っています。

 

それは、私自身の知識がないことが理由です。

 

 

フルオーダー住宅にした場合、

予算がオーバーする

素材や設備をグレードダウンしないといけない

それでも足りない場合は外壁やデザインからカット

それでも足りない場合は間取りの変更

風水が悪く、間取りを変更

間取りを風水に合わせて、さらに予算がオーバー

また素材や設備のグレードダウンに舞い戻り…

と、負のスパイラルに突入です。

 

 

そして、変更、変更、変更の繰り返しで時間がかかるなんてものじゃありません!

 

1年半かかっただけで、妻から冷たい視線を浴びるんですよ?驚

 

それ以上かけてる場合じゃないですよね?笑

 

誰でも理想を実現できるフルオーダー住宅。

 

 

こだわりのマイホームを建てたいと思う方にとって、強い味方にはなってくれますが、

  • 知識
  • 予算
  • 交渉できる情報

をしっかりとつけておかないと、結果として後悔の残る住宅となってしまいます。

 

 

だからこそ、一部を変更できるセミオーダーや決められたプランから選べる規格住宅の人気が根強いんですね。

 

 

立地条件にこだわると起こりうる問題

 

前にも書きましたが、私は土地の条件にこだわり1年もの間、土地探しに時間を費やしてしまいました。

 

その土地探しの中でも一番苦労したのが立地条件です。

 

ぶっちゃけ、安くて広い土地だけであればすぐに見つけることは出来たのです。

 

 

しかし、将来的な

  • 子供の通学
  • 私の通勤
  • 生活用品の買い出しの手間
  • 公共施設へのアクセス

を考えると、なかなかいい条件の土地は見つかりませんでした。

 

 

安くて広いのは田舎の土地だけ。

 

それだけでは将来的に不安になると思い、立地条件をメインに土地探しをしていたのです。

 

 

立地条件をメインに考えると、

  • 敷地が狭い=建てられる間取りが限られる
  • 隣りの住宅と近い→立地条件がいい土地は人気の区域になるため
  • 後で住宅が建つと家の機能が損なわれる→建てるときはウチだけでも、次第に開発が進む

という問題が生じるのです。

 

 

我が家はまさにこの問題が生じてしまったのです。

 

敷地が狭く、間取りを変更しなければならず、隣の住宅が近く、窓が開けられない。

 

次々に家が建ち、庭に落ち葉等の問題が生じる…汗。

 

どんどん生活しづらい家へと変わっていってしまったのです。泣

 

1年も探して、結局妥協したことにより、後悔が強く残る結果となってしまいました。

 

 

この状態を避けるためには、やはり

  • 業者にきちんと探してもらう
  • 業者比較を行い、吟味する

必要があったと思います。

 

 

いい条件の土地を自力で探すには限界があります。

 

また、不動産屋をあたっても出てくるときは予算オーバになったり、敷地面積が小さいものばかり。

 

それならば、土地と建物同時に購入し、業者を比較を行う。

 

そしてその情報を元に価格交渉を行い、土地の価格を下げてもらう。

 

この流れのほうが現実的に安く、早く、いい土地に出会えたのではないかと思います。

 

と、いうか、友人がこの方法でいい条件の土地に出会ったのですが…泣

 

ネットや雑誌と自力で探すことができる方法が増えていますが、やはり、住宅に関してはその道のプロの意見を早期に取り入れ、

 

プロにプロの視点からの土地探しをしてもらうべきでした。汗

 

隣に家が立つと困るものは?

 

念願のマイホームが建ち、生活を送る中で近隣に住宅が建つケース。

 

人気の土地や今後開発が進むであろう地域では、後から隣に家が建つケースも想定しなければなりません。

 

アパートとは違い、マイホームは購入をしたら特別な理由がない限り、ずっとそこに住むことになります。

 

だからこそ、ご近所さんとの良好な関係を築くことも大切なことのうちの1つです。

 

 

そこで、

  • 庭に植えてある木が問題でトラブルが起こる
  • 窓を開けると隣の家が見える
  • くつろぎスペースに隣の家の音が入ってくる

という問題が起きると、良好なご近所関係の構築なんて言ってられません。

 

 

全部、我が家が抱える問題なんですけどね。汗

 

ことの発端は庭で行ったBBQでした。汗

 

「煙が臭い」
「近くに家があるのに、BBQをやるなんて非常識!」

 

とクレームを受けまして…。

 

ゴミ出しにまで文句を言ってくるようになるわ、木の葉が落ちると言ってくるわ…

 

家と家の距離が近いことで生じる問題って多いです。汗

 

人気の分譲地のように、境界がきちんとされている場所では家の向きや間取りは大枠が決まっているため、そこまでトラブルにはならない可能性が高いですが、そうでない場所の場合は、将来的に家が建つ可能性も考えて間取りを決めなければなりません。

 

そうなると、様々な角度から間取りを考えなければならないため、土地と建物を同時進行で考えていかなければならなくなります。

 

あとから間取りで対応をしようと思っても、風水や周辺環境が悪化する可能性がありますから。汗

 

作っては直し、作っては直しを繰り返していると、我が家のように家を建て始めるまでに長い時間がかかってしまいます。

 

これから新築を考えている方には、同時進行で考えていくことを強くオススメします。

 

業者との交渉は業者比較の資料で!

 

ここまで土地と建物を同時に探すことを強くオススメしてきましたが、同時に行うことの最大のメリットは、施工の前段階での業者との交渉が可能であることです。

 

土地と建物を別々に探す場合、それぞれの業者との交渉になります。

 

業者にも利益という問題があるため、分けてしまうと値引き額にも限界が生じるのです。

 

 

それでも値下げをと交渉してしまうと、

  • 粗悪工事や手抜き工事になる
  • 素材の品質が著しく低いものになる
  • 地盤等が悪く、人気の低い土地を紹介される

などの問題が後になって生まれる可能性もあります。

 

 

しかし、土地と建物を同時に探すことで、業者としても値引きがしやすくなるのです。

 

それは、業者が持っている土地の価格は業者が決定しているからです。

 

「このくらいなら売れるだろう」
「ここまで上げても書いては見つかる」

 

という予測の元に土地の価格は決められているため、交渉によって値引きを狙うなら土地の価格ということです。

 

建物の素材や設備での価格交渉はやめておいたほうがいいです。

 

私はグレードダウンを選択しましたが、規格住宅の友人と比べるとやはり快適性が違います。

 

私の場合、土地がすでに決まってしまい、建物で予算を調整しなければいけませんでした。

 

だから無理矢理予算に合わせようとあれこれムリをしてしまった結果、残ったのは、後悔のマイホームです。汗

 

友人のように、複数業者の比較をすると、より交渉を強気に行なえます。

 

 

ただし、業者によっては他社との比較を良いと思わない方もいるので、スタートの土地・建物探しをするときにはっきりと

 

「他業者にも依頼をしている。」
「他社とも比較しようと思う。」

 

と伝えておくと、トラブルなく交渉に移ることができます。

 

 

それをきちんと行っていた友人はさすがですね!

 

私にも教えてくれればよかったのに!泣

 

友人の使った業者比較サービスは、

  • 地域によって10社以上を比較することができる
  • 間取り図、資金計画書、土地情報の3点セット
  • プロが要望を形にしてくれる
  • これらの情報を元に交渉が有利に進められる
  • 入力は3分
  • 無料

と強みしかないサービスです!

 

 

私もこのサービスを本当に使いたかったー!(心の叫び)

 

土地と建物を同時に契約し、失敗しない新築一戸建てを建てよう!

 

新築購入は人生で一番高い買い物です。

 

そして成功と失敗はスタートから決まってしまうケースもあるのです。

 

土地をすでにお持ちの方は、その土地に合わせて間取りをこだわって考えるべきです。

 

しかし、土地も探すという方は土地と建物を同時に探すべきです。

 

 

土地と建物を同時に探すことで、

  • 間取りにあった土地にできる
  • 手間や時間、費用を最小限に抑えることができる
  • 価格交渉が有利にできる
  • 風水への対応もスムーズに
  • 土地固有の情報から将来的に近隣に住宅が建つ場合の対応もしやすい

とメリットづくしなのです。

 

 

とは言っても、土地と建物を同時に探せばすべてうまくいくというわけではありません。

 

 

肝心なのは、業者選びです。

  • いい土地の情報を持っている
  • 建物の品質が良い

という条件を満たした業者を選ぶことで、失敗しないマイホームにかなり近づきます。

 

 

そのための業者比較が新築の成否の鍵を握るといっても過言ではありません。

 

現に私と友人の圧倒的な差はやはり、スタートの違いが決定的な要因ですから。泣

 

 

 

せっかくの新築から後悔・失敗の文字を消すためには、スタートの業者選びがポイントです。

 

複数業者比較サービスを利用して、いい業者と出会ってください!

page top