新築の間取りはココで失敗する!間取り決めのポイントと手順

新築の間取りはココで失敗する!間取り決めのポイントと手順

失敗しやすい間取り決め。

 

私自身、間取りを任せきりにしてしまったため、

 

「使いにくいなぁ」

 

「余計に費用や体力が必要」

 

と感じることが多いです。

 

友人の話を聞き、「こんなにも違いがあるのか」とネットを中心に調べました。

 

その中で多くの声が合った間取りの失敗から、どう決めていくべきかをご紹介します。

 

失敗しやすい部分、失敗の理由を知ることで後悔のない間取りを手に入れましょう。

 

収納で失敗しないためにやるべきことと考えること

 

予算オーバーしてしまったときに、どこを削るか。

 

真っ先に思いつくところが収納だと思います。

 

収納は生活で使用するスペースではなく、物を置いておくところというイメージが強いため、

 

 

私自身も、

  • 少しくらい削っても大丈夫
  • いらないものは捨てればいいからなんとかなる
  • そもそも収納をあまり気にしない

と思っていて、実際に収納を削り、とても後悔をしました。

 

 

収納には、単に物をしまっておくだけではなく、

  • 部屋をすっきりさせる
  • 防音

という役割もあります。

 

 

季節的なものや日常生活で使用するものは、

  • 電化製品の整理
  • 衣服の収納
  • 子供のおもちゃ
  • コートなどの整理

収納で管理すると部屋が非常にすっきりします。

 

 

敷地面積が狭く、十分な広さのリビングや居間の間取りを確保することができないという場合でも、収納スペースがきちんとある方が返って部屋がすっきりするものです。

 

 

収納スペースを設けることで、

  • 観葉植物が置ける
  • インテリアを充実させることができる

などのインテリアのスペースを生み出すことができ、よりおしゃれな空間を演出できるのです。

 

 

坪数で見れば私の家のリビングの方が広くても、実際にその空間に入ると私より小さなリビングであった友人宅の方が広く、開放的に感じられたのもこの収納による差でした。

 

 

また、部屋の向きにもよりますが、部屋と部屋の間に収納を挟むことで

  • 壁1枚よりも防音効果が上がる
  • 荷物を入れればより防音率が高くなる

というメリットも生まれます。

 

 

「収納=物をしまう」というだけでなく、

  • 部屋を広く見せること
  • 音を遮ることでの快適性を上げること

にも繋がります。

 

 

収納の大切さをしっかりと理解することで、過ごしやすさが変わるので、安易に収納を削ると非常に生活しづらい間取りになります。

 

友人の話を聞き、収納の大切さを実感して、

 

・もっと収納スペースを確保しておけばよかった

 

と何度思ったことでしょうか…。

 

しかし、収納スペースを取りすぎてしまうことも問題です。

 

大切なのは、必要なスペースを確保すること。

 

 

そのためには、

  • いるものといらないものを分ける
  • 必要ないものは処分する
  • どのくらいの荷物を運ぶのか計算する
  • 収納の順番としまう位置をイメージする

ことで、必要な収納スペースを把握することができます。

 

 

ここが私が完全に抜けていたところです。

 

いるものといらないものの分別もしたんですよ?

 

引っ越しの際、荷物が多くなってもいけないので妻と2人で行いました。

 

ただ、「どのくらいの収納スペースが必要かを判断するための分別」ではなく、「いるものといらないものをただ仕分けただけ」だったため、

 

結局、荷物が収納に入りきらず、部屋の中に置くしかないという状況になりました。

 

おかげで部屋が狭い、狭い…汗。

 

間取りを決める前に、「どのくらいの荷物があり、収納するためにどの程度のスペースが必要なのかを決める」ようにするべきでした。

 

間取りを決める前に荷物の量を判断することで、多すぎず少なすぎない適切な収納スペースが確保できたはずです。

 

また、分別するときには、いらない理由で処分するものを判断するべきでした。

 

私たちの判断基準(と、言ってもほとんど私が判断したものです。笑)は、

 

・いりそうなものは取っておく

 

でした。妻はどんどん処分したのですが、私は分別しながら、

 

「これはまた使いそうだなぁ」
「お、懐かしい。新築でちょっと使ってみよう」
「こんなものもあったか。思い出の品だし、取っておこう」

 

と、分別ではなく荷物のチェックしかしていませんでした。笑

 

 

今でも妻に

 

「もっと減らしてよ」
「こんなもの使わないでしょ?」
「来月中に使わなかったら、もう捨てるから」

 

と言われています。(次第に言い方がきつくなっている気もします。汗)

 

 

分別のときは、

  • 夫婦一緒に行う
  • 基準を設けて処分をする

にした方が絶対にいいです。

 

 

「使うかもしれない」はまず使わないので、

 

・年単位で使わないもの
→取っておいても使わないまま眠る可能性大
・月単位でしか使わないもの
→定期的に使うのであれば取っておく、そうでないなら処分
・着なくなった洋服
→趣味や体型の変化もあるため処分

 

のように、期間を判断材料にすると処分への踏ん切りがつきます。

 

食器や電化製品、衣類、CDや本など、たくさんの種類が出てくるはずなので、整理をしながら懐かしみつつ、必要のないものをリストアップするのです。

 

今、思い返せば、私にも必要のないものがたくさんありました。

 

友人の話を聞き、今も休みに少しずつ分別を行っています。汗

 

 

処分の方法は、

  • 捨てる
  • 知人に譲る
  • リサイクルショップ
  • オークションサイトで売る

ことで、早く片付けられるはずです。

 

 

これらを行って残ったものと普段の生活で着用する衣類、子供のおもちゃが収納に必要なスペースになります。

 

 

その上で「どうしまうかを考える」こともとても大切です。

  • しまう順番
  • 置く位置
  • 使用頻度

もきちんと想定するとより収納スペースの計算がしやすくなります。

 

 

・大きなものから小さな物をどう収納するのか
→大きいものは下、小さなものは上

 

・取り出すときに不便にならないしまい方
→使用頻度の高いものを手前に持って来ておく

 

・季節的なものはローテーションも考える
→しまって取り出すときに、次に使うものを取りやすい位置にする

 

が基本で、これを行うことで収納スペースがリアルに分かるはずです。

 

私は当然、こんな計算を引っ越しの際できていませんでした!笑

 

友人にこの方法を教えてもらい、やってみたのですがたったこれだけの工夫でとても使い勝手がよくなりました。

 

「あいつ、すごいなー」と妻に話した時の冷たい視線…。

 

今でもよく覚えています。汗

 

引っ越し前にここまで細かく計算、イメージをしてしまえば、収納が足りない、収納で失敗を防ぐことができるはずです。

 

また、1つの収納で荷物がすべて入り切ることはまずないので、荷物の分散収納も視野に入れて計算するようにするといいです。

 

1箇所に集中させてしまうと、1つの収納に物が押し込められてしまいます。

 

そうなると取り出すのも一苦労になったり、どこに何をしまったのかわからなくなったりする可能性も…汗。

 

・夏物と冬物をやや広めの収納に、春物と秋物は狭めの収納に

 

という工夫をすると、取り出しもしまうのも便利になります。

 

さらに、扉と照明もこだわると便利になります。

 

 

大きめの物を収納する場所は引き戸を採用し、中に照明をつけることで

  • 開き戸にして廊下が狭く、物の出し入れがしづらい
  • 折れ戸にしておしゃれ感はあるが、物に当たって傷がついてしまう
  • 収納場所が暗く、物が見えづらい

といった状態を防ぐことができます。

 

 

四季の変化が激しい日本だからこそ、収納箇所はもちろん、

 

収納する物のサイズや量によって、スペースを使えるようにちょっと工夫をするだけで快適性はかなり変わってきますよ。

 

広さで失敗しない!

 

リビングやダイニングなど、「家族が集まる場所はとにかく広くしたい」という意見もとても多いようです。

 

私もその1人で、リビングの広さにはこだわりを持ちました。

 

 

廊下を削り、収納を削り、生活のしにくさが生まれましたが、それでもリビングが広ければ…なんて思ってましたが、

  • 大きな柱が立っていて空間が狭く感じる
  • 物が収納しきれずに出っぱなしになっている
  • 広さ+吹き抜けで光熱費がとてもかかる

と、大失敗。汗

 

 

妻から

  • こんなところに柱があって邪魔だわ
  • 物の置く場所がない
  • 光熱費がかかる

なんて言われるのを受け流すのがとても大変です。汗

 

 

広さを決めるときは、

 

・生活がしやすい範囲

 

にこだわりを持った方がいいです。

 

 

敷地的に広いリビングにすることが出来なくても、

  • 引き戸を開けてダイニングを一体化させる
  • 横長リビングにして広がりをもたせる

などを行うことで、数字での広さ以上に快適な広がりを感じることもできます。

 

 

廊下や収納のスペースはきちんと確保をして、広く見える工夫をするようにした方がいいです。

  • 腰の低い家具を揃える
  • 部屋のカラーを明るものにする
  • 棚等を用いて、縦の空間を活用する

ことで、思っているよりもすっきりとした広々を感じる空間を作り出すことができます。

 

 

要はメリハリが大切で、私自身、友人宅を参考にして工夫した結果、たどり着いた結論です。

 

私の家より狭いリビングなのに、私の家より広く感じられる工夫をすることで快適なリビングを生み出していたのです。

 

広さよりも、一体感と開放感。

 

 

与えられたスペースを、

  • 家具の配置
  • 素材の選定
  • カラーバランス
  • 物の置き方

でいかにすっきり見せることができるか。

 

 

ここが広さで失敗しないための最大のポイントです。

 

リビングが出来上がるまでは、どうしても広さという単位で見てしまいがちです。

 

そうではなくて、例えば16畳のスペースをいかに16畳以上に見せるかがポイントなのです。

 

広いだけで狭く感じてしまうリビングよりも、間取り上では狭くても広く感じ、ストレスのないリビングを。

 

私も家具の配置等を変え、調整をしていますがなかなかうまく行かず…

 

やはり、最初から計算していればと後悔をしています。

 

防音は廊下と収納でバランスを取る

 

音の問題は自分で間取りを決める時は非常に失敗しやすいところです。

 

それは、部屋の広さや機能性を重視するあまり、考えが及びにくいからです。

 

と偉そうに言ってはいますが、まさに私なんですが…笑。

 

 

音で気をつけなければならない間取りは、

  • リビング
  • 寝室

の大きく2つです。ここに音が聞こえてくる間取りは非常に生活がしにくいです。

 

 

まず、リビングにも寝室にも、

  • トイレの音
  • 2階の物音
  • 駐車場の音
  • 洗濯機の音
  • 屋外の音(車が通る際の音、歩行者の声)

これらが聞こえないように注意する必要があります。

 

 

初めは気になる程度で我慢できるかなと思っても、生活を続ける中でかなり苦になってしまいます。

 

 

これらを遮断するためには、

  • 廊下
  • 収納

を適切な大きさで、適切な位置に設置する必要があります。

 

 

間取りを削らなければならなくなったとき、生活スペースではなく使用頻度の少ないものからと考えると、真っ先に削る位置がこの2つです。

 

 

しかし、廊下を狭くすることで、

  • 音が伝わりやすくなる
  • 生活がしにくくなる

という問題が生まれます。

 

 

朝の忙しい時間帯に家族とすれ違う度に気を使うのはなかなか骨が折れます。

 

妻と肩が当たったりなんてしたら…恐ろしくてここでは書けません。笑

 

いつも当たらないように気をつけながら、朝の支度を私はしています。汗

 

そう考えると、やっぱり廊下ってしっかりとしたスペースがないとダメですね。

 

また、収納も音を遮断できる位置に持ってくるといいです。

 

2つの部屋を仕切るのが壁1枚だけだと音が聞こえやすくなってしまいます。

 

そんなときは、

 

部屋→壁→収納→部屋

 

という順番にするだけで音は遮断されやすくなります。

 

 

また、

  • 洗濯機
  • 駐車場
  • トイレ

とリビングや寝室との位置関係も大切です。

 

 

距離が広がるほど音は小さくなるため、なるべく離した位置にした方がいいです。

 

リビングや寝室の真上に子供部屋がくる間取りも、子供が幼稚園〜小学生になると昼間に走り回る音が響くということにもなりかねません。

 

直線的な距離と、1階と2階の間取りの位置関係を計算して間取りは考える必要があるのです。

 

そして扉も音を遮るアイテムの1つです。

 

扉をつけることで部屋と部屋を区切るだけでなく、音漏れを防止することもできます。

 

これらをすべて計算して自分で1から間取りを作ることは非常に難しいです。

 

しかし、少しの設計の違いで、うちのように家庭内でストレスが溜まってしまうことも事実です。

 

なのでやはり、間取りを決める際はプロのテクニックや知識を盛り込む必要があります。

 

そこで業者選びが重要になるのです。

 

業者によって提示する間取りは違います。

 

1つ1つが設計士のハンドメイドで作成されているため、間取りの希望だけを伝えて間取り図の作成を依頼してもやってくる間取り図は大きく違うのです。

 

私の場合、失敗はここでした。

 

業者比較もせず、最初に依頼した工務店だけですんなり通してしまったため、住みづらい家になってしまいました。

 

友人の使った『

比較サービス

』を使っていれば、違ったのかなと今でも後悔しています。

 

 

また、間取りを決める際、近隣の住宅ことも考えないととんでもないことになります。

 

 

特に、人気の土地では、近隣住宅との距離が近いことが多いので、

  • 隣の家の話し声が聞こえる
  • トイレ等の排水、給水の音が聞こえる

という問題も生じます。

 

 

こればかりは土地が決まらないと決められないものでもあるため、土地と建物を同時に購入することで防ぐことができるのです。

 

すでに土地をお持ちの方は、近隣からの音も気にした上で間取りを考えた方がいいです。

 

そして、忘れがちなものがもう1つあります。

 

それは「雨」です。

 

 

私の家ではそれほど気になりませんが、ネットを調べていると雨音がかなり気になる方もいるようです。

  • 軒のない住宅
  • 雨戸のシャッター部分
  • 屋根材が硬い

場合に、雨音が気になるそうです。

 

 

雨戸に関しては防犯上、取り外すことは不可能ですが、窓の位置を調整することで少しでも音を小さくすることができます。

 

風向きや雨の当たる角度などを考慮して設置するとストレスフリーの間取りになりますよ。

 

トイレの数と位置にはこだわりを!

 

トイレも生活の快適性を左右する間取りの1つです。

 

数に関してはやはり家族数が関係してきます。

 

3人家族であれば1つで足りるかもしれませんが、4人家族となるとそうはいきません。

 

 

小学生の頃までは大丈夫であっても、

  • 通勤、通学の時間帯が重なるようになる
  • 仕事が変わる

など、様々な理由により使う時間帯が同じになる可能性があるからです。

 

 

さらに1つだけだと生じる問題としては、

  • 来客などの場合、使いにくい場合がある
  • 体調不良が起きたときに使用を我慢しなければならない
  • 親との同居の際、バリアフリーが使いにくさに繋がる

こともありえます。

 

 

これらのことも考えて、

  • 4人家族
  • 親との同居
  • 来客が多い家庭

の場合は、複数のトイレを設置するといいです。

 

 

そして、トイレの位置は非常に大切です。1つだけの場合、基本的に1階に設置しますが、

  • 玄関を入ってすぐ
  • 家の奥側

に設置する傾向が多いです。

 

 

玄関を入ってすぐだと、

  • 来客中に使いにくい
  • 音が玄関に聞こえてしまう

という問題が生まれますし、

 

 

家の奥だと、

  • 音が響きやすい
  • 廊下が混雑する可能性がある
  • お客さんがトイレに行く際にプライベートな部分(洗濯場や浴室、洗面台など)が見えてしまう

場合もあります。

 

 

家の中心辺りだとどの部屋とも同じ距離になるため、音が聞こえてしまう可能性もあり、

 

正直、トイレの場所は非常に難しいです。

 

私は工務店に完全にお任せしてしまったため、

 

・家にトイレが1つ
→4人家族で取り合いになる
・玄関先に設置
→音が玄関に聞こえ、来客中は使えない
・必要最小限のスペース
→正直狭くて使いにくい

 

という最悪な状態に…。

 

トイレは特別なもので、使いたい時に使えないとそのストレスはとてつもなくなります。

 

以前、私とセールスマンが1時間近く話をしていたのですが、その際、「音が聞こえるからトイレにいけない」と妻がずっと我慢していたんです。

 

そんなこと、当然気づきませんから、普通に話をして、会話も盛り上がって、セールスマンが帰ったあと、「バン!」と扉が閉まる音が…。

 

トイレから妻が出てきた後、私は1時間説教されました。汗

 

やはり、リビングが広いことだけに囚われてしまってはダメですね。

 

ずっと住み続ける家だからこそ、こだわりも大事ですが、快適性を重視した方が絶対にいいと感じた一瞬でした。

 

扉の形状で快適性をアップ!

 

家の快適性を上げるために扉の形状でも失敗も非常に多いです。

 

扉には大きく3種類あります。

 

・開き戸
→ドアタイプのもの。開け締めにスペースが必要

 

・引き戸
→左右にスライドするもの。開け締めのスペースが最小限で済む
→建て付けが悪くなると音がなったり、閉めづらくなったりする場合も

 

・折れ戸
→折って収納するもの。浴室やクローゼットに多く見られるタイプ。
→スッキリ収納できているように見えるが、折って畳む際にスペースが必要。

 

機能性が高いタイプはやはり引き戸です。

 

収納やリビングに入る際に、手軽に開け閉めができ、とても使い勝手がいいです。

 

 

特に

  • 使用頻度が高い場所
  • 大きな荷物の出入りをするところ

は引き戸にすることで手軽に開け閉めを行うことができます。

 

 

開き戸は部屋を区切る役割がありますが、

  • 開け締めの際の音
  • 開けるときに荷物を降ろさなくてはいけない

といった問題もあります。

 

 

完全に空間を遮断したい寝室や個室、トイレなどに用いるべきです。

 

折れ戸はクローゼットがベストです。

 

うちはほとんどすべてを開き戸にしたことにより、

 

・収納がしにくい
→大きな荷物を収納に入れる際、苦労する
・買い物したものをキッチンに運ぶときに一度降ろさないといけない
・掃除のときも同様

 

とかなり手間がかかってしまいます。

 

あと、開き戸は壁に傷がつきやすいんですよね。

 

我が家では半年に一度、壁傷を補修する作業が一日がかりで行われています。

 

補修するのは私一人で、妻と子供が傷を探して、

 

「パパー、ここ!」
「パパー、こっちもあるよー!」
「ここ、直ってないけど!?怒」

 

なんて言われながら、シートを貼ったり、補強をしたり…。

 

「引き戸にしとけばなー」なんて言ったら、

 

「誰が決めたの?ん?怒」

 

なんて言われちゃうので、爽やかに補修していますが…。

 

と、いうか、妻って昔からこんなに怒ったっけ?

 

新築にしてから、ちょっと怖くなった気も…汗。

 

なんて悪口を書いてしまってバレたら大変なことになるので、このくらいにしておきます!笑

 

リビングとダイニングの区切りも引き戸にすると、自由に開け閉めができるためオススメです。

 

好みにもよりますが、よほどのこだわりがない限り、機能性を重視した引き戸をメインにした方が、快適性、見栄えのどちらから見てもいいですよ!

 

採光と風通し、光熱費を抑えるには窓がポイント!

 

吹き抜け+大きな窓を取り入れた我が家は光熱費が非常にかかります。

 

その費用は…思い出すだけで泣けてくるほどです。

 

友人宅と比べて倍以上の光熱費がかかっていました。

 

その上、冬は温まりにくく、夏は冷えにくいといった住宅で…。

 

その事実を知った時の妻は…汗。ご想像にお任せします…笑

 

私の一存で、デザインだけで決めてしまってとても後悔しています。

 

と、いっても妻も喜んでいたんですよ?大賛成してくれてたんですよ??

 

ただ、「あなたは何を言っても聞かないからしぶしぶだった。」と言われてしまいました。汗

 

無知だったとはいえ、吹き抜けと大きな窓によって光熱費が高くなってしまうことは盲点でした。

 

 

また、近隣住宅が建ち、窓を開けることができず、

  • カーテンが閉めっぱなしで光が入らない
  • 風通しが悪い

と、何のための窓なんだ!怒

 

 

とたびたび思っています。

 

これも、きちんと間取りを把握しなかった自分が悪いんですが…汗。

 

 

窓を大きくすることで、

  • デザインがいい
  • 風通しがしやすくなる

と思いがちですが、

  • 夏は冷えにくく、冬は温まりにくい
  • 外から見える範囲が多くなるため、開けにくくなる

というデメリットもあります。

 

 

窓の大きさがポイントではなくて、窓の位置が大切なのです。

 

 

玄関や他の窓ととの位置関係で、

  • 風が通りやすいポイント
  • リビング等から離れた位置に設置
  • 小さくても光が当たる場所に設置すれば十分な明るさを得られる

ことを意識して窓の場所を決めなければ、後悔してしまいますよ。

 

配線計画は慎重に!賢いコンセントの位置はここ!

 

配線は生活のしやすさだけでなく、見た目にもとても影響します。

 

 

何も考えずにコンセントの位置を決めてしまうと、

  • タコ足配線だらけに
  • 見た目がぐちゃぐちゃになる
  • 掃除や探しもののときに苦労する

可能性があります。

 

 

と、いうか、うちがまさにこの状態です。汗

 

キッチンからダイニングに料理を運ぶ際にコードに足がひっかかることもよくあったので、今は固定をして引っかからないようにしていますが、料理をこぼしそうになるたびに、

 

「もう、こんなところに!怒」

 

と妻の声が聞こえていました。

 

友人の話を聞くまでは、「そんなに怒らなくてもいいのに。」「仕方ないやん。」と思っていましたが、友人の話を聞き、私の計算が甘かったと痛感したので、対応をしたのです。

 

 

配線を考えるときは、

  • 家具の配置
  • 掃除のときのこと
  • 収納

を踏まえた上で、

  • 使用する電気の容量
  • コンセントの高さ
  • 家具の裏に隠れてしまわないか
  • カーテンがかからないか

をしっかりと考えて決めないと、使いにくくストレスになります。

 

 

 

また、寝室にもコンセントを設けることで、

  • 間接照明を取り付けられる
  • スマホの充電が楽に

というメリットもありますし、収納内にもコンセントを取り付けると、

  • 懐中電灯いらずで探しものがしやすい
  • しまう際にも周りが見やすい

というメリットがあります。

 

 

配線は建築方法によっては、あとから変えることが難しい場合もありますので、

  • キッチン
  • 収納
  • 寝室

は、コンセントの位置にこだわっておくと将来的にもとても生きてきます。

 

 

生活の仕方、家族の共有場所を踏まえて位置を決めるととても生活のしやすい家になります。

 

間取りの失敗しやすいポイントを抑えて、後悔しないマイホームを!

 

間取りの失敗しやすいポイントは、

  • 収納
  • 広さ
  • トイレ
  • 配線

が多い傾向にあります。

 

 

これらは、

  • 予算オーバーの際に削りやすい
  • 見た目重視だとおろそかにしがち
  • イメージがしにくい

という部分があるため、失敗したと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

これらを防ぐためには、間取りをきちんと考えることはもちろん、間取りのプロにしっかりと依頼をすることが大切です。

 

私のように、地元で有名な工務店1社にだけ依頼をしてしまうと、私の家の大失敗に繋がる可能性が高くなります。

 

友人のように、失敗しない新築にするためには、複数業者の比較が必須です。

 

交渉にも使え、たくさんの希望を間取りに取り込んだ図面を見ることでよりイメージがしやすかったり、

 

生活のしやすさが向上したりするのです。

 

きちんと複数業者を比較して、失敗しない新築を手に入れてください!

 

 

⇒友人が利用していた「比較サービス」を見てみる

page top